直樹の人生
2017-06-18 自宅のトイレットペーパーがなくなってしまいそうになり困った
今日は、映画に熱中しているあまりに買い物に行くことを忘れてしまい、明日がとても心配になっています。
というのも、トイレットペーパーがあと1ロールしかないからです。

今日は仕事関係で1回外出した時に、帰り道にスーパーマーケットに寄ったのですが、トイレットペーパーを買うのを忘れてしまいました。
代わりに買ったものは、トマトソースやパスタなど特に今日買わなくてもよかったものを買っていました。

買い物している時は、空腹だったために日用品のことをあまり考えていなかったのかも知れません。
また、その時に考えていたのは、スーパーマーケットで必需品と言える食材がいつもより少ないことでした。

食材の揃い具合がいつもと違うことは、商品の流通に何らかの影響を受けたのか、それとも単なる偶然なのかは分かりませんでした。
理由は分かりませんでしたが、気になっていました。
このように食品に関心が手中してしまったことが、理由かも知れません。
今この日記を書いているのは、夜の10時です。
寝る前までに少なくともトイレに1回は行くでしょう。
理想的には、トイレットペーパーがなくなる前に、スーパーマーケットが開店していることです。
この日記を書く前に、開店時間を調べてみたところ、朝の9時半でした。
この時間までに、トイレを何回使うかを心配しています。
ただ、私が考えなければいけないのは、私自身の利用だけではありません。
同居している彼も使っていることを考えなくてはありません。

彼に節約してほしいと懇願するのも、恥ずかしい気がしています。
でも、よく考えてみると、彼からしても、トイレットペーパーが切れてしまうのは困るはずです。

ですから、彼なりに何か対応を考えてくれているものと期待しています。
私は、今日と明日の朝までは水分をあまり摂取しないように考えています。
トイレに行かないように水分を我慢するのは、インド旅行以来です。
今日の今ほど、24時間利用できるコンビニが懐かしく思うことはなかったと思います。
2017-06-18 21:26 Permalink
2017-06-11 中古住宅には車庫屋根の高さの問題があるのです
軽自動車の自動車税は、とてもお安いのだそうですよね。
だからかもしれませんが、30代の人たちは、軽自動車を所有している人が多いです。
手軽に、車庫入れもしやすいですから、動きやすくていいなと思います。軽でも高いものを使っていて、近くの駐車場を借りている人は、傘の高い車のようです。
スペースが増えるのがいいのでしょう。

日本も2極化しています。外国車やプリウスに乗るのか、それとも軽自動車にのるのかです。その間がないのです。
でも、最近は、外国車も少なくなってきたように思います。
どちらかというと、軽自動車のほうが走っています。維持費は馬鹿になりませんから。人を運ぶということだけで言うと、そうなるのだと思います。

中には、50代以上の方は、都会でも車を2台、バイクを1台というように、たくさん持っている方もいます。
それでは、経費が多いでしょうに、そこに目をつぶっている人が多いです。
それのほうが、なんだか、うれしくなりますが、できているのは、50代以上の人でしょう。

家の敷地に余裕がないと、車を置くところもないのです。それなのに、2台もおけるとは、相当に、リッチというほかありません。
昭和の時代は、そのような家が多かったです。

ここにきて、車に乗らない大人が多くなりました。
それでも、最近の子供たちは、親が、車世代なので、車を持つのが当たり前になっています。

時代は、飛び飛びで流行するので、きっと、60代は、車を持つのを我慢してきた世代なのかもしれません。
都会に住んでいたので、車がいらなかったのかったのでしょう。
こうなると、子供もいらないということになります。

都会だと、家のスペースを広げるあまり、車庫のない家ばかりです。
中古住宅が売れないのには、この車庫の問題があるのです。
そこで、車も問題です。
車の社交が高すぎるのです。
車庫の屋根が低すぎて、はいる車がないのです。車屋さんも中古住宅の事情を分かっていないのです。
2017-06-11 21:56 Permalink
2017-06-03 お気に入りのパン屋さんの夫婦がとても好きです
うちの近所にすごく小さいパン屋さんがあります。

素材にとてもこだわっていて、全て国産のもので余計な添加物が入っていない安心安全なパンを作られています。

あまり商売っけがなく、いつもほのぼのとしていてすごく大好きなお店です。

週に1回はそのパン屋さんに行くのですが、いつも温かい笑顔で迎えてくださって、悩みがある時でもそのお店に行く瞬間だけは嫌なことを忘れることが出来ます。

売られているパンはとても素朴なものが多く、どれもすごくかわいらしいです。
パン屋さんの中に入ると、パンの香ばしい匂いがふわーっと広がっていって、とっても幸せになれる空間です。

私はメロンパンとクリームパンがお気に入りで、必ずそのパン屋さんに行くとそれらを買います。

そういった定番のパンもいつもありますが、季節に応じて新商品もたまに出るのでそれも楽しみです。
たまに地域紙にパンがお得に買えるクーポン券がついていて、地域紙がポストに配られると割引券を取っておいてパン屋さんに行きます。
あまり大々的に広告を出していないので、知る人ぞ知るパン屋さんといった感じでそんな素朴なお店がとても好きです。

ちょうどさっきもパンが食べたくなってパン屋さんに行ってきました。

たまたま大好きなパンが焼きあがったところで、焼き上がりのパンを頂いてきました。
ふんわり膨らんでいてとっても熱々でおいしかったです。

パン屋さんにいつも何時からパンを作っているのか聞いたところ、すでに5時にはパンを作り始めているとのことで、やっぱりパン屋さんの始まりは本当に早いんだな〜と思いました。

そこのパン屋さんの雰囲気、もちろん味も大好きなので、もしそのパン屋さんの求人が出たらすぐにでも働きたいな、なんて妄想しています。

でもとっても小さいパン屋さんなので新しくスタッフを雇わなくても、きっとお二人でずっとつつましく営業されていくんだと思います。

我が家の生活にはなくてはならないお店なので、頻繁にパン屋さんに行って貢献したいと思います。
2017-06-03 23:02 Permalink
2017-05-15 今日の出来事と作業での反省とまとめです。
 今日は朝から外が雨だったので日課のトレーニングは、リビングでストレッチ、柔軟体操、筋力トレーニングをしていました。
毎日、健康とダイエット法として行っています
。続けてもう1年近くなります。
ウエスト周りは65cmくらいになったのですごい効果があったなあと思うのとここまでよく挫折せずに続いたなあと思います。
そんなこんなで今日は自宅でヒッソリと待機して読書をしていました。後は、パソコンを使って映画を見たりして過ごしていました。
午後になっても雨が止まないので今日の夕飯はどうしようかなと考えています。夜は家にあるもので済ませようと考えていますチャーハンとワカメのお味噌汁を造ろうかなと思っています。
テレビ見ていて分かったのが明日は朝が天気が良く暑くなると予報が出ていたので明日は、趣味である熱帯魚の餌を買いに行こうと思います。今日は少し部屋がジメジメしているので水槽の水替えは控えて置いて明日朝早く起きてやろうと思います。
とりあえずハムスターのゲージの掃除をしようと思っています。
ハムスターはこの時期は、そんなに寒くないので平気だと思うので部屋とかすべて取り出して水洗いをしようと思います。
5月のこの時期はコバエが湧くのでしっかり綺麗にして6月の梅雨時期に備えたいと思います。熱帯魚もそうなのですが、6月の梅雨時期は水槽の水が濁ってしまったり、アンモニア臭くなってしまうことがあるので天気のいい日にできるだけそうしないと魚が死んでしまうので管理は慎重です。
2017-05-15 22:13 Permalink
2017-04-16 水が大嫌いだった私がサーフィンにはまった理由
私の趣味はサーフィンです。およそ6年ほど前からはじめました。
きっかけは、当時お付き合いをしていた今の主人がサーフィンをしていたから。
だけど私は極度の水嫌い。
子供の頃はプールの授業が嫌いで、「入りたくない」と泣いたり、体温計をわざと擦って熱があるからとプールの授業をさぼるような子供でした。
なぜそんな私が嫌いな水と関わるサーフィンにはまったのか。
それはサーフィン独特の感覚にあります。
一言で言うとサーフィンは自分の力だけで波に乗らなければなりません。
船にはエンジン、ボートにはオール、ウインドウサーフィンには帆と何かと道具が必要になります。
しかし、サーフィンはパドルと言って、サーフボードの上にうつ伏せに寝転がってクロールするように水を掻き、波に乗らなくてはなりません。
またこのタイミングがとても難しいのです。
パドルの力が弱ければ波に置いていかれます。逆にパドルが強すぎればいつまでも波より先に進んでしまい波に乗ることな浜辺に到着。
そして波のサイズにも影響を受けます。波が大きすぎるとその分波に飲まれてしまうという危険のリスクは上がり、小さすぎると波の力が弱くサーフボードを押してもらえない。
正直、六年近くサーフィンをしていて本当に楽しくサーフィンをできたのは数えられるくらい。
じゃあなぜそんなスポーツを?と思われるかもしれません。
しかし、「そこ」こそがサーフィンの一番の魅力なのです。
波の大きさ、天気、風の向きなど自然を相手にするため、いつでも必ずできるスポーツではない。だけど、その自然とうまく付き合えたときだけに感じることのできる波に乗るという感覚。
これはどんな言葉でも表現しきれない感覚です。
その感覚を知ってしまった私は、あんなにも嫌いだった水が顔に掛かろうと全く気にならなくなりました。
それだけ波に乗ったという感覚は私には魅力的だったのです。
泳げないから、水が嫌いだから。そんな理由で興味があるのにサーフィンを遠ざけてしまっている人がいるなら、是非一度挑戦してみてください。
きっとそんなこと気にならないくらい自然に癒されるはずです。
2017-04-16 22:21 Permalink